『小笹綾子 (こざさ あやこ) 』の詩 - みなさまからの感想,ご意見など大歓迎でお待ちしております
Copyright(c)2004-2010 Ayako Kozasa.All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.
ここに掲載の小笹綾子の作品及び文章の著作権は小笹綾子に帰属します.これらの内容の一部または全部の複製,転載などを一切禁止します
ENTRY / CATEGORY / ARCHIVE / COMMENT / TRACKBACK / RECOMMEND / LINK / PROFILE / OTHERS
<< −詩− no.3837 / main / −詩− no.3390 >>
−薦− 武者小路実篤
武者小路実篤詩集

武者小路実篤詩集

武者小路 実篤

私はこのかたの詩がとても好きです。



中でも、

「何ものも/秘密のない人/白日のもとに/赤裸々になれる人/私はさう云ふ人に/頭をさげるが、/しかし私は/何事もおぼろに見える/月の夜に/一人さまよふやうな/詩が書きたい。」

という一編が大好きです。



ぜひご一読を。
/ 小笹綾子 / 10, 22, 2004, Fri., 04:43 / −薦− / comments(0) /
COMMENT