『小笹綾子 (こざさ あやこ) 』の詩 - みなさまからの感想,ご意見など大歓迎でお待ちしております
Copyright(c)2004-2010 Ayako Kozasa.All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.
ここに掲載の小笹綾子の作品及び文章の著作権は小笹綾子に帰属します.これらの内容の一部または全部の複製,転載などを一切禁止します
ENTRY / CATEGORY / ARCHIVE / COMMENT / TRACKBACK / RECOMMEND / LINK / PROFILE / OTHERS
<< -詩- no.4075 / main / -詩-no.4958 >>
−詩− no.2058
夏のはじめに生まれて

夏のように過ぎた二人の真実
/ 小笹綾子 / 10, 28, 2007, Sun., 23:26 / −詩− / comments(2) /
COMMENT
または嵐のように激しく
空のように澄みわたった二人
/ 紫音 / 2007/11/04 11:11 AM /
ありがとうございます!


嵐の頃から、秋へと移り、
悲しまない二人のようで、救われる詩ですね。


このごろは、その果てを探したいような気持ちになる、青く尊いほど澄んだ美しい空ですね。

/ 紫音さまへ(小笹綾子) / 2007/11/05 10:12 AM /