『小笹綾子 (こざさ あやこ) 』の詩 - みなさまからの感想,ご意見など大歓迎でお待ちしております
Copyright(c)2004-2010 Ayako Kozasa.All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.
ここに掲載の小笹綾子の作品及び文章の著作権は小笹綾子に帰属します.これらの内容の一部または全部の複製,転載などを一切禁止します
ENTRY / CATEGORY / ARCHIVE / COMMENT / TRACKBACK / RECOMMEND / LINK / PROFILE / OTHERS
<< -詩-no.4958 / main / −詩− no.4637 >>
−詩− no.3320
耳をすましている私のからだ



澄んだ風が

ふいてくる



高い天井の

白い部屋



広い窓の

清潔な部屋



ひとりでいることが

自然な毎日



薬品の匂い

晴れと雨



冷たく居心地のよい

ベッドの空間



なえた手脚

おだやかな呼吸



なだらかな耳をすます私のからだ
/ 小笹綾子 / 12, 25, 2007, Tue., 15:05 / −詩− / comments(0) /
COMMENT