『小笹綾子 (こざさ あやこ) 』の詩 - みなさまからの感想,ご意見など大歓迎でお待ちしております
Copyright(c)2004-2010 Ayako Kozasa.All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.
ここに掲載の小笹綾子の作品及び文章の著作権は小笹綾子に帰属します.これらの内容の一部または全部の複製,転載などを一切禁止します
ENTRY / CATEGORY / ARCHIVE / COMMENT / TRACKBACK / RECOMMEND / LINK / PROFILE / OTHERS
<< −詩− no.3320 / main / −詩− no.3925 >>
−詩− no.4637
失ってゆく



這いまわっている



手のひらで

触れる



時も

念も

失ってゆく
/ 小笹綾子 / 01, 10, 2008, Thu., 16:31 / −詩− / comments(2) /
COMMENT
癇の虫?(笑)
子供の掌から白い糸状に出てくるそうです。
実際にその虫(生物?)を見たことはありませんが、
一筆的にはムーミン谷のニョロニョロを想像します。
癇癪というのは感性が強すぎる状態なのでしょうか。

今年もよろしくお願いします。
/ 一筆 / 2008/01/10 11:45 PM /
虫じゃあないつもりで・・・

こんにちは一筆さま。

ことしもまたよろしくおねがいしますね。

/ 一筆さまへ(小笹綾子) / 2008/01/21 2:18 PM /