『小笹綾子 (こざさ あやこ) 』の詩 - みなさまからの感想,ご意見など大歓迎でお待ちしております
Copyright(c)2004-2010 Ayako Kozasa.All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.
ここに掲載の小笹綾子の作品及び文章の著作権は小笹綾子に帰属します.これらの内容の一部または全部の複製,転載などを一切禁止します
ENTRY / CATEGORY / ARCHIVE / COMMENT / TRACKBACK / RECOMMEND / LINK / PROFILE / OTHERS
<< −詩− no.2243 / main / −詩− no.2464 >>
−記−2011年4月11日

東日本大震災により,
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます.
亡くなられたすべての方のご冥福を祈っております.

大切なひとを失ったかたのお気持ちをおもうと胸が張り裂けそうです.


一刻もはやくみなさまが安心できる暮らしができるよう,
微力ながらできることをして,お手伝いし続けたいと考えています.


一か月になりました.

依然として大地は揺れ続け,人々を悲しみの淵へ振り落とすかのようです.




あの日以来,様々なことが変化してゆきました.

便利さと快適さへの欲求とそれを支えてきた技術力・・・
・・・本当にそれは必要で確実なものだったのか?

ひとびとは,国全体での復興・再建ともうひとつ,
我々の生き方の再考も求められているのでしょう.

できることから,よく考えることから,わたしも続けていかなくては,と思っています.



被災地のかたが一日も早く穏やかな日常に戻られる日の来ることを
心より願っています.

救助・捜索,原発で作業されるかた,被災地で救援・支援活動してらっしゃるすべてのかたの安全を祈ります.

/ 小笹綾子 / 04, 11, 2011, Mon., 13:03 / −記− / - /